院長
渡邊泰三 の自己紹介


略歴
平成5年4月
愛知学院大学歯学部歯学科入学

平成11年3月
愛知学院大学歯学部歯学科卒業

平成11年4月
第92回歯科医師国家試験合格
愛知学院大学院歯学研究科入学(歯内治療学専攻)

平成15年3月
愛知学院大学大学院歯学研究科修了(歯内治療学専攻)
歯学博士(学位取得)

平成15年4月
愛知学院大学歯学部歯内治療学講座 非常勤助教

平成17年3月
ミシガン大学歯学部歯周病学講座 2年間留学

平成19年11月
日本歯科理工学会 認定医(Dental Materials Senior Adviser

平成22年1月
日本歯内療法学会中部支部 理事

平成22年4月
愛知学院大学歯学部歯内治療学講座 非常勤助教
モダン通り歯科開院

歯科医師になろうと思ったきっかけ
私の幼少時代はお菓子大好きでも歯磨きしない子供でした。
案の定虫歯がたくさん。でも痛くないので歯磨きしない。口の中虫歯だらけ。
ある日、突然物凄い痛みに大泣き。母親ビックリ。
痛いのを我慢しながら、近所の歯医者へ連れられて行きました。
先生に注射してもらい、たぶん神経を取ったのでしょう。その後、痛みが全くなくなりました。
治療後はその優しい先生の印象だけが、唯一記憶に残っていて、それ以外は何も覚えていません。
その時、人の痛みを取る仕事ってすごい!かっこいい!と思いました。
それ故、私は幼いころから人の痛みが分かる歯医者になりたいと思っていました。



学生時代
現役で歯学部合格。
部活もサークルも入らず、友達とよく遊びました。(麻雀、カラオケ、飲み会、スキー、年1回の恒例の四万十川でのキャンプなど)
アルバイトも週2回ほど。(家庭教師、塾の講師をメイン。コンビニ、マックもしたことがあります。)この接客で医療サービスに関する大事な接遇を身に付けました。
テストは必ず数科目の再試がありました。が、ストレートで大学卒業。
卒後は”根っこの治療”が専門の歯内治療学に入局し、大学院へ進学しました。



“根っこの治療”が専門の大学院、そしてアメリカ留学
大学院では根っこの治療に使う”アパタイト”の研究を4年間しました。
ここでは”インプラントのGBR法”に応用できる”組織再生療法”をターゲットにした新たな材料開発をし、その研究をしました。
また、この研究をきっかけにアメリカのミシガン大学へ2年間留学することになりました。ここではアメリカで行われて いる最先端の”歯周病”に関する研究と”インプラントのテクニック”について学んできました。



歯科医師になって
大学院入学からすぐ大学病院での治療が開始されました。
大学では一人の患者さんの予約時間も多く取れるため、患者さんの話をよく聞き、患者さんが何を悩んでいて何をして欲しいのかを考え、丁寧な治療の説明を心がけていました。当然、新米の私は治療に悩むこともありましたが、大学の各専門科の先生にアドバイスを頂き勉強と治療技術を向上させてきました。
また、同時に近隣の歯科医院へアルバイトに行き始めました。もともと人としゃべることが好きだったので、子供や年配の患者さんとも上手にコミュニケーションを取れていたと思います。その為、院長からも根っこの治療だけでなく、小児やホテツ(入れ歯や被せ物)の患者さんもこの頃から任せられるようになってきました。
さらに、インプラントや矯正治療の勉強会にも積極的に参加し、技術を獲得してきました。



なぜ、根っこの治療の専門に進んだか?
抜歯の原因の約半分は根っこの病気を含む虫歯です。
根っこの治療は、歯を保存し(抜歯しない)、“神経”の痛み、骨の中や歯茎に出来た“ウミ”を治す治療です。しかし、根っこの中は複雑で、ましてや見えないところを手探りでバイ菌を取ってくるので、時間もかかるし、処置が困難になることもあります。結果、残念なことに抜歯になることもあります。
このように、根っこの治療は歯科医学の中でも最も重要な位置づけをされており、歯を残すためには大切な学問です。そして私は幼少時代の体験から、人の痛みを取り、なおかつ歯を保存して自分の歯で食事ができる喜びを患者さまに歯科医療として提供していきたいと思っていました。
そこで、患者さまの大切な歯を抜かずに残す為には、やはりこの根っこの治療の専門講座に残り、専門的な知識と技術を身に付けたい。また、その研究をしてみたいと思ったのです。



[0]トップページ

モダン通り歯科
Copyright(C)modan-shika-okazaki.com All Right Reserved.

モダン通り歯科
岡崎市六供町3丁目36−1
TEL:0564-83-7225